memolu

いろいろメモってます

コンビニのおにぎりで考える"定量調査"と"定性調査"

はじめに

UXデザインなどの分野を経験すると定量調査と定性調査という言葉に出会います。
自分ははじめて聞いたとき、この2つがなんだか曖昧に感じていました。
同じような方を手助けしたいと思い、物語形式で少し書いてみます。

毎朝8時にサケのおにぎりが売れる

あるコンビニのオーナーがいました。
オーナーはよく訪れるお客様はなんとなく覚えています。タバコの銘柄や新聞など、常連のお客様が来店した時点でレジ内で用意することも容易です。
その中で、毎朝8時にあなたのコンビニに来店し、必ず「サケのおにぎり」を買っていく、あるサラリーマンがいました。
仮にそのサラリーマンをAさんとしましょう。
Aさんは、雨の日も風の日もサケのおにぎりをかかさず買うのです。

オーナーはある事実に気づきました。
───"毎朝8時に必ずサケのおにぎりが売れる"。

発注の担当者への指示

オーナーはすぐさま発注の担当者に指示を出しました。
「必ず朝8時にサケのおにぎりが売れるから絶対切らさないようにしてほしい」

発注の担当者はすぐさま発注数を変更し、サケのおにぎりが朝8時に絶対に売り切れないようにしました。
発注数の変更後もAさんは当然やってきて、サケのおにぎりを買っていきました。
オーナーは自身の判断が正しかったことを確信し、自らの手腕を誇りました。

競合の出現

ある日、道路を挟んだ向かいに競合他社の新しいコンビニが建ちました。
きれいな外装、計算され美しく陳列された商品の数々、丁寧かつ正確な接客。
単純な見た目で比べると、オーナーのコンビニには軍配は上がらないことは明白でした。
しかし、オーナーは自分のお店の強みを知っています。
そうです、オーナーには長年培った地域住民のデータがあるのです!

Aさん、こなくなる

しばらくして、かなり多くのお客様は新しいコンビニに取られてしまいましたが、オーナーのコンビニには常連客が多数存在しました。
売上はある程度減ってしまいましたが、オーナーのお店はなんとか営業を続けていける程度に売上は出ています。
しかし、Aさんの姿はめっきり見えません。新しいコンビニができてから一度も姿を見せないのです。

Aさんが欲しかったもの

ある日オーナーは、向かいの新しいコンビニから出てくるAさんを見つけました。
いてもたってもいられず、店を飛び出し、Aさんに走りより声をかけました。

オーナー「自分は、そこのコンビニのオーナーです。あなたは私のコンビニに朝8時にご来店いただき、おにぎりを買っていらっしゃいました。どうして当店にはいらっしゃらなくなってしまったのでしょうか」

Aさん「こちらの新しいコンビニには僕のほしいものがあるからです」

オーナー「知っています!"サケのおにぎり"ですよね。私はあなたが毎日買うのを知っていたため、発注数も増やす工夫をしたのです」

Aさん「違うのです。僕は"おかかのおにぎり"が大好物なのです。あなたのお店にはおかかのおにぎりがなかった。だから仕方なくサケのおにぎりを買っていました。新しいコンビニができて"おかかのおにぎり"を見つけ、それ以来こちらに来ているのです」

オーナーはある事実に気づきました。
───"Aさんが求めていたのはおかかのおにぎり"...。

自分はAさんが"サケのおにぎりを求めている"と勝手に思っていた...。

おしまい。

定量調査

少し極端なところもありますが、上の話を例に少し考えてみましょう。
オーナーは"毎朝8時にサケのおにぎりが"売れるというデータを得ました。
これは毎日店頭に立っていたり在庫管理システムを見れば法則性に気づきます。
そしてオーナーはサケのおにぎりの在庫を確保するべく発注数を増加させました。
これは「定量調査からの改善」と言えるでしょう。

定性調査

オーナーは物語の中で、Aさんにかけよりインタビューを行っています。
そこで"Aさんはおかかのおにぎりが欲しかった"という事実が判明しました。
オーナーが本当にしなければならなかったのは、Aさんが何を求めているのかを正しく理解することでした。
事前にインタビューないし何らかの方法でAさんの本質に迫ることができていれば、オーナーはおかかのおにぎりを新しく取り扱うことが検討できました。
これは「定性調査からの改善」と言えるでしょう。

どっちが大事か

こう見ると定性調査が正しいように思えますが、定量調査と定性調査には依存関係があり、どちらも同じくらい大事だと自分は考えています。
定量調査がなければ、課題の発見に至りません。そもそもAさんがサケのおにぎりを買うという事実にすらフォーカスできません。
定性調査がなければ、定量調査で見つかった課題を正しく解決できず、本質に至ることができません。
定量調査で課題を見つけ、定性調査を通して解決するというのが正しい流れです。だから依存関係があると自分は思います。

おわりに

本記事はどこかのセミナーで聞いた話を思い出しながら書いています。
この話を聞いて、理解できなかった定量と定性の違いについて腑に落ちたのを覚えています。
少しでも理解の助けになっていれば幸いです。

【読了】「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義

とりあえず読んだので感想を書く。

続きを読む

【読了】WebデベロッパーのためのReact開発入門 JavaScript UIライブラリの基本と活用

とりあえず読んだので感想を書く。

続きを読む

【読了】初めてのJavaScript 第3版 ―ES2015以降の最新ウェブ開発

初めてのJavaScript 第3版 ―ES2015以降の最新ウェブ開発

初めてのJavaScript 第3版 ―ES2015以降の最新ウェブ開発

とりあえず読んだので感想を書く。

続きを読む

クロージャを解説してみる

ここではクロージャについて解説します。
javascriptを触り始めると、プロトタイプとクロージャあたりがつまづきやすいかと思います。
仕組みがわかっても使いどころがわからないという意見も聞きますので、少し踏み込んだところまで学習してみましょう。

続きを読む

sublime textでよく使うショートカット

経緯

エンジニアであれば、エディタのショートカットを使用することが多々ありますよね。
自分はこれを非常に失念しやすいため、これもまた自分用に残しておこうと思います。
順次追加していきます。

2017.5.18追記 筆者は現在webstormを使用しています。
今後ここを更新する可能性は低いです

続きを読む

gitコマンド備忘録

経緯

会社ではwin環境でsourcetreeを使用しているのですがセキュリティソフトとの相性が悪く動作が著しく重くなっていました。
いい機会なのでいっそのことコマンドラインでgitを操作しようと思い調べつつ作業することが増えました。
自分向けの備忘録ですが、基本コマンドから書いていきます。

続きを読む