memolu

いろいろメモってます

「一人から始めるユーザーエクスペリエンス」イベントレポート

2015/08/26に「一人から始めるユーザーエクスペリエンス」に参加してきました。

概要

yahoo株式会社で行われた本イベントは、「一人から始めるユーザーエクスペリエンス」の出版イベントです。 本書の紹介と翻訳を担当したyahooのUXチームのノウハウを学べるセミナーにもなっています。

レポート

session01 / 「UX Team of Oneの時代」長谷川敦士(株式会社コンセント)

欧米と日本のUXデザイナーの違いについて興味深かったです。 日本より欧米の方が職種として確立されているため、活動がしやすい模様でした。 欧米ではCXとUXは以下のように認識されているようです。

  • CX:顧客の体験全て(カスタマーエクスペリエンス)
  • UX:デジタル体験に限定した顧客体験(ユーザーエクスペリエンス)
session02 / 「一人から始めるユーザーエクスペリエンス概要紹介」深澤大気(ヤフー株式会社)

かつて深澤さんも組織の中でUXを一人で推進しようとしている人物だったことを伝えていました。そして本書がUXのベストプラクティスを学べる書籍であることが分かりました。

session03 / 「Yahoo! JAPANのUX Team of One」瀧知惠美(ヤフー株式会社)

ヤフーのような大きい企業で、どのようにUXを浸透させていくのか、その考え方や実践を聞くことができました。 「回りを巻き込む→実践→活用レポート」をループさせるなど、具体的な方法が効効けました。

Q&Aで面白い質問もありました。

Q.「UXデザインの費用対効果をどう説明したらいいのか」

A.「まずメリットとして見るべきなのはプロジェクトの効率化。 それを理解していただいた上で、何か一つKPIを定め、ユーザー視点が変わるとどう行動が変わるかという視点で設定する。そうすると数値が変わってくるため数字でも話ができる」

session04 / 「UXデザイナーとフロントエンドエンジニアの付き合い方」森本恭平(ヤフー株式会社)

フロントエンドエンジニアから見たUXデザインという面白い切り口でした。 UXデザイナーとは「なんか付箋貼ってる人」って言ってます。 UXとUIの違いやUIとプロトタイピングの違いなど分かりやすかったです。 UXデザイナーはユーザーだけでなくチームにも向き合う必要があり、チーム全体を納得して行動してもらうようにするのも仕事だとおっしゃってました。

まとめ

自分は書籍を読んでいったのでスムーズに聞くことができました。 スライドを見れば分かる通りUX用語をほぼ使用しておらず、必要以上に専門用語を使うこともしない姿勢は非常に参考になりました。 UXは実践と推進ともに進めねばならないため、いばらの道ですが楽しんで学んでいきたいですね。