memolu

いろいろメモってます

【読了】「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義

とりあえず読んだので感想を書く。

良い点

デザインの敷居を下げつつ、「ブランディングとは何か」というある種概念的な分野をとても上手に言語化されている。
ノンデザイナーのマインドセットとしては最適な一冊。
同著の「センスは知識からはじまる」も以前読んだことがあったが、非常に言葉選びが巧みで、それもあってかとにかく読みやすい。
文体や書籍のサイズ、ページ数の全ての要素が相まってスラスラ読み進められる。
実際のプレゼン資料も隠すことなく掲載されているのに好感を抱いた。

悪い点

企業がブランディングを展開するにあたってどのくらい資金が必要なんだろうとか疑問に感じた。
また、クライアントがみんなすぐ納得しているような印象で(それは水野さんの手腕にもよるだろうが)、説得が困難だった例などを紹介してくれるとありがたかった。

総評

読むのが遅い自分でも一日で読めるレベルに読みやすい一冊だった。
「デザインの全ては説明ができる」という言葉が印象に残っている。

ブランディングとは何かはもちろん、デザイン思考を学びたい方には言葉の一つ一つが浸透してくるような錯覚さえ感じるほど優しい語り口で、たしかに大学生には最適という印象。 新卒社員の教育に悩んでいるときにこんな一冊があってもよいかもしれない。